馬場内科・循環器科


大阪市城東区今福東3-10-18
TEL:06-6180-0307



 

  循環器疾患の詳細

《高血圧症》
高血圧は心血管系の危険因子として最も重要であり、放置すると脳卒中、心臓病、腎障害など心血管系の合併症をきたします。 いったん、合併症をきたしますと生命の危険に及ぶか、それ程重篤でない場合も後遺障害を生じますが、それまでは通常無症状で経過します。 このため日頃から健診などで自分の血圧を知るよう心がけ、高値の場合は、家庭血圧の測定、高血圧の原因診断(本態性か二次性かの区別)、脳、心臓、腎臓、動脈などの臓器障害の評価を行い、現在の病状を正確に把握した上で、治療方針を決定する必要があります。

  高血圧症〜患者さんからのご質問にお答えします

Q1.どんな症状があるの?
Q2.血圧値いくらからが高血圧?
Q3.高血圧の原因は?
Q4.高血圧の危険度(リスク)は血圧の値だけで決まるの?
Q5.高血圧の原因や危険度、臓器障害により治療が変わるの?
Q6.日常生活の注意は?
Q7.家庭血圧を測る目的は?
Q8.家庭血圧を測る時の注意点は?
Q9.降圧薬の種類や合わせ方は?
Q10.治療の目標値は?
Q11.薬の副作用は?
Q12.降圧薬を飲みだしたら、ずっと続けないといけないの?
Q13.当院での診療の実際は?

  質問をクリックすると答えが表示されます
Copyright © 2020 馬場内科・循環器科 All rights reserved.