内科疾患全般と循環器疾患を診療しています。

内科疾患には成人の内臓の病気全般が含まれ、糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満・甲状腺疾患などの内分泌・代謝性疾患、気管支喘息・肺気腫・肺炎などの呼吸器疾患、逆流性食道炎・胃潰瘍・肝炎・胆石などの消化器疾患、腎炎・慢性腎臓病などの腎疾患、脳卒中・認知症などの神経疾患、膠原病・リウマチなどの自己免疫疾患、貧血などの血液疾患が対象です。

循環器科は内科のなかの専門分野で、心臓病、血管疾患、高血圧症などに対する診療をより専門的に行っています。

なお、小児診療は小学生以上のかたとさせていただいています。



当院では下記の検査が可能です。

一般的な検査
  尿・便・血液検査、心電図、呼吸機能、腹部エコー、単純レントゲン撮影

循環器関連の検査
  心臓・血管エコーおよびドプラー検査、ホルター心電図


超音波診断装置です。
超音波を使って心臓や血管、おなかの検査を行います。
ホルター心電図装置です。
ホルター心電図とは胸に小型の装置を付けて
長時間の心電図記録を行う検査です。

心臓病
心臓病には冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症など)、高血圧性心疾患、弁膜症、心筋症、心筋炎、心不全、不整脈などがあります。
一般に心臓病の症状は胸の痛みや締め付ける感じ、呼吸困難、動悸、失神などです。

血管疾患
血管疾患としては、大動脈瘤・大動脈解離、閉塞性動脈硬化症、肺塞栓症、下肢深部静脈血栓症・静脈瘤などがあります。
大動脈瘤・大動脈解離は胸や腹部の痛みをきたしますが、症状がなくたまたま検査で見つかることもあります。
閉塞性動脈硬化症は主に下肢に生じ、歩行時に下肢の痛みをきたします。
肺塞栓症は呼吸困難や失神で発症します。下肢深部静脈血栓症が原因となることが多く、この場合片方の下肢の腫れと痛みが先行します。


高血圧症
高血圧症は診察時の最高血圧が140以上または最低血圧が90以上の場合です。放置すると心血管系の合併症をきたしますので、家庭血圧測定、原因診断(二次性高血圧症との鑑別)、合併症の精査など病状を十分評価のうえ、降圧治療を行います。
済生会野江病院とは特に緊密な関係にあり、同院の臨床研修協力施設となっていますが、市立総合医療センターなど近隣の他の医療機関とも連携しています。
患者さんの病状・ご希望に応じ、最適な施設を紹介させていただきます。

Copyright(c)2006 babanaika.junkankika All Right Reserved